『私の趣味』

皆様ごきげんよう、製材事業部の本田です。

子育ても一段落した私の趣味は、『カラオケ』です。
友人から2ヶ月に一度お誘いメールがあります。
各々の友達に一斉メールし、来れる人が参加する自由な集まりになっています。
夕飯の残りのおでんやお酒、祭りのごちそうの余り、フルーツやおやつ等持ち込んで、 楽しい時間がスタートします。
マイク
その時々、落語や美術館、映画や恋ダンス、みんなが面白いと思ったモノを私に紹介してくれるので、出不精な私を外の世界に誘い出してくれます。
その友人は決して歌が上手いとは言えませんが、ホントに歌詞を楽しんでいて、オリジナリティー溢れる踊りを体で表現しているので聴いている方も楽しくなります。
カラオケは歌が上手い人が行くものだと思っていましたが、友人の姿を見て、 自分も楽しめば、人も楽しんでもらえると気持ちが切り替わりました。
切り替わった後は、私のカラオケ通いが始まりました。
昔の記憶を繙きながら、歌った曲・歌いたかった曲、こんなにもたくさんの歌を三時間800円で楽しめるなんて、なんて素晴らしいことでしょう!

余談ですが、録音の主流がカセットテープだった時代、テレビやラジオから流れる流行りの曲を録音し、オリジナルのカセットテープを作っていました。
カセットテープ
ちなみに私のオリジナルはピンクの台紙に、黒の文字シールを貼り、 曲名は水色のサインペンで書くと決めていました。
少しずつ増えるテープの数と、並べるときれいに揃う頭文字の位置を見ると、満ち足りた気分になりました。
録音をお願いし、快く承諾してくれた友人から戻ってきたテープには、「今、録音しとるから静かに知られま~」と弟を怒っている声まで入っていたりして、それも懐かしい思い出です。
ダブルカセットデッキが出たときは、嬉しくて嬉しくて小躍りしました。

話は戻りまして、カラオケグループの忘年会では、 みんなの前で二人で恋ダンスを披露しました。
持参した友人愛用のカセットデッキで、(多分たくさん練習したであろう)巻き戻しし過ぎて少し伸びきったテープから流れる恋ダンスも、早すぎないテンポで丁度良く、同じ躍りの筈なのに、違って見えたダンスもまた可笑しくて盛り上がりました。

家ではヘッドホンをして、歌の練習をしています。(たまに座布団やクッションが飛んできます。)
息子達から「近所迷惑やし、500円ずつ出すから、カラオケやさん行って」と懇願されました。
『そんなヒロシに騙されて』、『真夏の夜の夢』、『糸』、『残酷な天使のテーゼ』、『乙女座宮』とか、『ズルい女』とかザ昭和の歌を唱和しています。
たまに息子たちが聴いてる流行りの音楽やCM songを盗み聞きし忘れないようメモしています。
ネバーヤングビーチの曲とか、バックナンバー、ステキな人が歌っていた洋楽のレッチリとか、私の知らなかった分野の人達の曲にもチャレンジしたいです。

さて、今月も友人からお誘いメールが来ました。
少し前に覚えたネバヤンの歌を、お立ち台の上でチャレンジしようと目論み中です。
盛り上げる為の必殺楽器・タンバリンとマラカスを携えて。

会社では耳栓、家ではヘッドホン
どちらも、近所迷惑には気を付けて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です