『日々成長する』

皆さん こんにちは、製材事業部の石丸です。

新型コロナウィルス感染症の影響により、不要不急の外出等いろいろな行動が制限され、いままで経験したことのない生活の変化に戸惑いました。
子供のことでいえば、「通学」、「部活動」などができない、してはならないことになり、学校から出された課題をしながら家にこもっている。子を持つ親としては現在の状況が心配で、それまで当たり前に行っていたことに安心・有難みを感じました。
富山県では先日緊急事態宣言が解除されましたが、まだ安全というわけではありません。元の生活に戻っていくために自分、家族、周りの方を守る行動をとっていく必要があります。
引き続き自身でできる予防等をしながら、1日でも早くこの事態が終息するように願います。

話は変わりますが、私は入社して5年目となりました。
生産課 再割グループに所属しており、主に製材品・垂木製品の仕分、結束作業をしています。
搬送されてくる材料の欠点を見極め仕分ける作業は集中力が必要です。
立ち作業でずっと動きっぱなしで体力も使います。
「木」という素材は一本一本の表情が違うので仕分けするのが大変ですが、一束ずつ縛りあげて完成した製品を見るとなんとも言えない達成感があります。
入社当初の私は木の樹種・杉、エゾと言われても見分けが付かないくらいでしたが、「分からなかったら何回でも聞いていいから!」と先輩に言っていただいたこともあって、遠慮せずよく聞きに行っていました。
同じ材は一つとしてないので見極めが難しいのですが、分かる様になると面白味もでてきます。

掲載1

掲載2

掲載3

難なく作業している先輩を見て「こうなりたい!」という思いがありました。
先輩のやり方を真似てみたり、自分なりに工夫しやり易い方法を試してみたり・・・でも失敗することもあって悔しくて泣いてみたり。(笑)
一人でする仕事ではないからこそ仲間の好プレーに助けられることもあります。
相手の状況を把握すること、どの様に仕事をしていくか考え行動していくことも学び、様々な経験を通して今の私があります。
今では結束作業の主担当にも携わり、目標にしていた所に近付いてきてはいますが日々学ぶ所があり、先輩方に追いつくにはまだまだ先は長そうです。

新型コロナウィルスや、日常生活や仕事での失敗等、目の前に何か問題が起こった時、今まで見えなかった部分が見えてくる。成長するかどうかは自分次第で、諦めなければ成長し続けられるといえます。
どんな状況でも活路を見出す、そんな姿勢で日々邁進していきたいです。
また、問題を解決するのは大切だけど自分がどう感じているか、どんな観念を持っているか、自分に問いかけ”ありたい姿”を明確にしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です