作成者別アーカイブ: staff

【木絆採用インタビュー】飲食店のオーナーが引き寄せた運命の出会い

木絆採用インタビュー第3弾!今回お話を伺った、非住宅推進室の佐々木さんと福井店営業課の牧野さんの初めての出会いはまさかの『飲食店』!?共通の知人である飲食店のオーナーさんがキューピットだったそうです。“ご縁”を深く感じる物語、是非ご覧ください。

【紹介した社員】
佐々木 哲郎さん(写真:左)
住宅資材事業部 企画開発部 非住宅推進室
入社18年目

【入社した社員】
牧野 友哉さん(写真:右)
住宅資材事業部 営業部 福井店営業課
入社1年目

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3年前は、彼のキャリアや将来を考え他社を勧めた

―今日はお時間いただきありがとうございます!早速ですが、そもそもお二人はどのようなご関係なんですか?

牧野さん
私が大学時代にアルバイトをしていた飲食店のオーナーと、佐々木さんが高校の同級生らしいです。なので…『アルバイト先のオーナーの同級生の方』ですね!(笑)

佐々木さん
私からしたら同級生のお店で働くアルバイトの子ですね(笑)

―なるほど!飲食店のオーナーさんが共通の知人だったんですね。そこからご紹介に至るまでの経緯を教えていただけますか?

牧野さん
佐々木さんがオーナーと一緒にゴルフに行った時に、ぼそっと「営業の人欲しいな」と言っていたみたいで…

佐々木さん
そんな感じで言ってたっけ?(笑)
確か当時、1人退職予定の社員がいたから「営業したい人いないかなー」て同級生に話をした時に「営業したい男の子いるよ」って言ってくれたんですよ。牧野くんも転職を考えてた時期だったんだよね。

―佐々木さんが「誰か入社してほしい」と思ったタイミングと、牧野さんの「転職したい」と思ったタイミングがピッタリだったんですね!

佐々木さん
そうそう、実は牧野くんが大学生の頃に就職活動していた時にも「選考に参加する企業を迷っている」と僕の同級生に話していたみたいで、その話を聞いていたんだけど、当時は彼のキャリアや将来を考えて違う会社を勧めたんだよね。正直、福井店も当時は人員が揃っていたんです。
※佐々木さんの紹介当時の所属は福井店店長

牧野さん
当時勧めていただいた企業は不採用だったんですけどね(笑)

―ということは、佐々木さんが違う会社を勧めた時に初めて顔を合わせたんですか?

佐々木さん
いや、違います。その時はオーナーを通じて紹介してたんで、今回の紹介で初めて会うことになりましたね。

―会ったこともない学生のキャリアや将来を考えて他社を勧める決断をした佐々木さん、かっこいいです…!まだ見ぬ学生との向き合い方、見習わせていただきます!!

前職で感じた不安から作った“質問リスト”は安心と期待に変わった。

―ウッドリンクの紹介が決まってからの流れを教えてください!

牧野さん
会社のことを教えてもらいたいと思い、オーナーのお店で会うことになりました。私はてっきり真面目な会だと思っていたので、ウーロン茶を頼むつもりだったんですけど、佐々木さんに「あれ、飲まないの?」て言われて(笑)初対面だったんですけど、お酒を飲みながら色んなことを質問しました!

佐々木さん
僕はてっきり飲むと思ってたんだけど…そういえばその日、ノート持ってきたよね!?

牧野さん
持っていきましたね。(笑)

―ちなみにそのノートには何が書かれていたんですか??(興味津々)

牧野さん
給料はいくらか?休みはどんな感じか?仕事の流れやスケジュール、1日の流れなど、聞きたいことを箇条書きしていました。前職で不安や不満に思っていたことがベースでしたね。

佐々木さん
前職の状況を聞いていると結構大変そうだったよね。牧野くんの前職との違いを中心に伝えていたかな。他にも「うちの会社だったら人材育成や研修がしっかりしてるし、営業として成長できるよ」て話もしましたね。

牧野さん
佐々木さんの話が全部いい話で、本当に??って思うくらい良い会社に感じました。当時の自分には条件が良すぎて、率直に「すごいなあ」と思いましたね!前職も建築系の会社だったんで、ウッドリンクの商品を使っている会社や、知り合いの大工さんにも話を聞いたんです。そうしたら「ミスがないし、材料も綺麗な会社だからいいんじゃない?」と言ってて、お客様からの印象もいいんだなと思いました。

―会社のことをそこまで褒めてもらえると、社員としては嬉しいですね!!佐々木さんから見て、牧野さんはどんな印象でしたか?

佐々木さん
見た目通りかっこいいし(笑)オーナーからアルバイトをしていた時に周りを良く見れる子だったと聞いていて、その通りだと思いました。今もお酒飲んでても気遣いできるししっかりしてるって思います。木材に携わる仕事をしていたから経験も活かせるし、他にも気になってる会社があるって聞いてたけど、「この人は当社に欲しい!ぜったい採る!」と思いましたね。

牧野さん
(照)

―(採用担当としては、有言実行している佐々木さんからより詳しくお話を聞かせていただきたい…)知人から飲食店や、カフェなどでラフに会社のことを教えてもらう機会って貴重ですよね!

―ちなみに、牧野さんは面談や会社見学など選考期間中に感じたことはありましたか?

牧野さん
会社に入った時の雰囲気が前職とは違って驚きました。会社の雰囲気が明るく、居心地のよさを感じました

尊敬する上司のもとで働くことができる環境に感謝。

―牧野さんの入社後は同じ福井店で勤務されていましたが、佐々木さんは7月に異動がありました。改めて、現在のおふたりの仕事内容を教えてください!

佐々木さん
私は現在、企画開発部の非住宅推進室という部署で非住宅案件の新規開拓や、木造建築の可否を確認するプランのチェック、工務店様や設計事務所様向けのセミナーの企画を主に行っています。

牧野さん
私は福井店営業課に所属しており、もうすぐで入社5か月になります。今は主に上司のサポート業務を行っていますが、打ち合わせを徐々に任せていただき、10月からは1人で打ち合わせができるように勉強中です!

―牧野さんは仕事に慣れてきた頃だと思いますが、入社前後のギャップや、入社後に感じた会社の魅力はありますか?

牧野さん
会社全体に関しては、入社までにたくさん質問していたのでそこまでギャップを感じていません。あ、でも入社後に会社の改善点について社長にレポートを提出する機会があって、自分の意見を伝える機会があることや会社が社員の声を基に改善しようとする体制はとてもいいなと思いました!

仕事については、やる事はいっぱいあるし、営業マンの力が問われる仕事だと感じます。入社して3か月間は研修を佐々木さんがしてくれましたし、上司はとても気にかけてくれて優しいです。今の上司はお客様への対応を曖昧にせず、すべて自分で自己完結している姿がとてもかっこよくて、シンプルにすごいなあと思います。尊敬できる先輩がいる環境にいれて恵まれてますね。各拠点の営業社員が集まる研修でも皆さん気さくに話してくれたり、「早く帰りなよ」って先輩上司が気遣って言ってくれるんですよ。皆さんが自分と同じ年代の頃って長時間働くことが良しとされていた雰囲気が少なからずあったと思うので、そういう切替ができる人が多いと思いますね。

―うんうん、確かに。昔はどの企業も残業してなんぼの世界でしたよね。せっかくなので、今後の目標も聞かせてもらえますか?

牧野さん
入社3年(最速!?)で主任になりたいです! 今は全部上司の負担になっているので…。せめて上司に報告したら済むくらいのレベルに早くなりたいです。

佐々木さん
うん、ぜひ実現してほしい!!!

木絆採用だからこそ、しっかり伝わった”気持ち”

―ざっくりとした質問なのですが、木絆採用で「よかったー!」と感じたことはありましたか?

牧野さん
やっぱり安心感ですね。「聞いていいのかな?」と思っていたことを事前に聞けたのは1番大きいです!新卒の時に応募していたら受からなかったかも…(汗)

佐々木さん
通常は人事や部長クラス、社長が主に採用活動や面接をしていると思いますが、自分が管轄する店舗の採用だったこともありますが、一社員でも直接リクルーターとして採用活動に関われるのはいいですね。

私は彼に、まずは“しっかり伝えよう”という気持ちをもって、会社の説明や「うちの会社で君のやりたいことができる」「こんな風に成長してきた」「成長し続けているからこそ入社して17年間、決算賞与が支給され続けている」という話など…会社の制度や文化、マインド面、企業理念『ES=CS』の考え方など伝えましたね。

―しっかり伝えたい気持ち、大事ですね。私達も今回のインタビューを通して、牧野さんが佐々木さんや会社に魅力を感じた理由が分かりました。引き続き、企業理念『ES=CS』に共感してくれる仲間と出会えるように、会社としても採用活動に注力していきます。

―おふたりとも素敵なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

転職は“タイミング”が重要。日頃から自身のキャリアや働きがい、働きやすさを家族や友人、知人と語ってみてはいかがでしょうか?あなたの話が、誰かの転職タイミングのきっかけになるかもしれません。

※社員の所属組織および取材内容は2023年8月時点のものになります。